ピルを飲むタイミング

ピルを飲むタイミング

ピルは、1日1錠を毎日同じ時間に飲むことで、高い避妊効果を発揮します。

ピルを服用するタイミングは、1日の中で自分が忘れにくい時間を選びましょう。

ピルは、毎日飲み続けないと避妊効果が低くなってしまいます。

自分がピルを飲むタイミングを忘れないためにも、携帯電話のアラームを鳴らすようにしておきましょう。

また、就寝時間が一定の人は、寝る前に服用すると決めておくのもよいでしょう。副作用が心配な場合にも、就寝前がおすすめのタイミングです。

空腹時などに比べて、就寝前に服用すると吐き気が抑えられます。
ピルには21錠入りのものと28錠入りのものがあります。

21錠タイプは、21日間同じ時間に1錠ずつ飲み続けて、それが終わると7日間休んでから新しいシートの薬を飲み始めます。

もし7日以上休んでしまって、次のシートの薬を服用開始が遅れた場合は、避妊に失敗する可能性があります。

飲み忘れが心配な人は、28錠タイプを使うとよいでしょう。

ピルの飲み方は3種類

ピルの飲み方は3種類あります。

デイワンスタートは、生理初日から飲み始める方法です。

ピルを飲み始めた日から避妊ができます。

次に、クイックスタートは月経周期からピルを飲み始める方法です。

この方法で始めたい人は、前回の生理が始まった日からピルを飲み始めるまで、性行為をしてはいけません。

なお、クイックスタートの場合は避妊効果がすぐに出ないので、飲み始めの1週間くらいは他の避妊方法も併用しましょう。

サンデースタートは、生理が始まった後の日曜日からピルを飲み始めます。

この方法を選ぶと、生理が毎月火曜か水曜に始まるのです。週末に生理が重ならないので、予定を優先できます。

そのため、サンデースタートは、土日に予定が多い人におすすめです。

サンデースタートも飲み始めには避妊効果が得られないので、1週間ほどはコンドームを使うようにすると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする