ピルを飲む期間は

ピルを飲む期間は

避妊目的でピルを飲む場合は、1日1錠を24時間ごとに飲みます。

毎日決まった時間に服用することで、血液中のホルモンバランスを一定に保ち、効果を発揮するのです。

ピルは、1シート分が1つのサイクルです。シートには21錠タイプと28錠タイプがあります。

21錠タイプを飲みきった後は、7日間お休みします。

28錠タイプを飲みきった後は、偽薬を7日間飲みます。

どちらも、この7日間に生理が発生するのです。

7日後には次のシートに移り、再びピルを服用します。

このサイクルが保てるようになると、生理日でも避妊効果が得られるのです。

緊急避妊が目的の場合は、行為を行ってから72時間以内に緊急避妊薬を服用する必要があります。

しかし、効果の有無はすぐには確認できません。

数日から数週間以内に生理が来て、ようやく効果を確認できるのです。

そのような事態に遭遇したら、最寄の産婦人科にできるだけ早く相談しましょう。

ピルを長い期間飲んでも大丈夫なの?

過去には、ピルを長期間飲むことで、子宮の排卵機能が低下して妊娠しづらくなると言われていました。

しかし、現在では、正しい服用方法が確立されています。そのため、用法用量やサイクルなどを正しく守れば、そういった副作用はありません。

むしろ、ピルは不妊の原因となる子宮内膜症の予防や卵巣がんの抑止になるとされているのです。

ピルによって避妊を行った後、妊娠したいと考える場合は、ピルの服用をやめましょう。

ピルの服用を中止した後、1か月から3か月で生理周期が回復します。

もし、3ヶ月を経過しても生理周期が回復しなかった場合は、ピル以外の要因で生理が来ていない可能性があります。

速やかに産婦人科に相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする