21錠タイプのピルの飲み方

21錠タイプのピルの飲み方

ピルにはいくつかの種類があります。

同じメーカーで同じ商品名のものでも、錠剤の数が違うのです。

できるだけ薬を飲みたくない、といった女性には21錠シートがオススメです。

21錠タイプは、21日間、毎日決まった時間に1錠服用し続け、その後の7日間は休薬するのです。

カレンダーや手帳などでしっかりと管理するのがポイントです。

新しいシートを飲み始めるタイミングが分からなくなってしまった場合、結局最初から飲み直しをしなければならないからです。

ピルを飲んでいる間は生理が来ません。

休薬期間に入ったタイミングで出血が見られるのです。

21錠タイプを使っている場合は、7日間の間で出血が終わらなかったとしても、次のシートを飲み始めなければなりません。

この飲み方を続けることで、安定したサイクルができあがれば、休薬している間も避妊効果があるのです。

28錠タイプのピルの飲み方

28錠タイプのシートの場合、休薬期間がありません。

毎日薬を飲み続けなければならないのです。

28錠タイプは、21錠タイプのように自分で7日間の管理をしなくても良いというメリットがあります。

毎日決まった時間に1錠飲むので、飲み忘れをしにくいです。

ピルの服用では飲み忘れは禁忌とされています。飲み忘れを防げるのは、28錠タイプの大きなメリットといえるでしょう。

余分にある7錠分は、ホルモン剤が入っていない偽薬です。

万が一この期間に飲み忘れることがあっても慌てる必要はありません。

偽薬は、飲んでも身体に影響がない成分で作られているのです。

飲まなかったとしても避妊効果に問題はありません。

しかし、飲まなかった場合は新しいシートの飲み初めのタイミングを間違える可能性が出てきます。偽薬もきちんと飲む習慣をつける方が良いでしょう。

ピルの種類によっては、この偽薬だけ色が付いていなかったり、少し大きめの錠剤になっていたりします。

有効成分の入った21日分のものとは見た目で区別がつくようになっているのが一般的です。

シートを全部飲み終えたら、新しいシートへと移って再び28日間飲み続けます。以降、これをずっと繰り返すのです。

シートを全部飲み終えたら、新しいシートへと移って再び28日間飲み続けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする