ピルの入手法と飲み方の注意点

ピルは産婦人科で処方を受けるか個人輸入を利用する

ピルは避妊のために使われる薬です。旅行日に生理が重ならないようにするために使われる場合もあります。

ピルは産婦人科で処方されます。日本では市販されていませんが、個人輸入を代行している通販サイトを利用して入手することもできます。

飲み方を間違えないかぎり確実な効果を得られます。ピルが本来の効果を発揮するためには、飲み忘れのないようにすることが大切です。

ピルは毎日決まった時間に飲むことが大切

ピルは1日1錠、決まった時間に飲むことが大切です。また、飲み始めるタイミングにも決まりがあります。

ピルを飲み始めるタイミングは、月経が始まった初日と、月経が始まった最初の日曜日です。

ピルは1枚のシートに21錠入ったものと、28錠入ったものがあります。21錠の場合、1日1錠、決まった時間に飲むことが重要です。薬を飲みきってから7日間は薬を飲まず、8日目から再び飲み始めます。

28錠の場合は、28日間にわたって薬を飲み続けます。ただし、22日目から28日目の薬は、成分が含まれていません。効果のない薬を飲む理由は、休薬期間のあと、新しい薬を飲み忘れてしまうのを防ぐためです。

ピルは毎日、定期的に飲む必要があります。飲み忘れのないよう、ピルを使うときは、置き場所を決めておくなど工夫をするとよいでしょう。

ピルを使って大事な日と生理が被らないようにする

ピルの本来の目的は、望まない妊娠を回避することです。一方、生理日を生活に合わせてコントロールするために使われる場合もあります。

ピルを使えば、旅行や冠婚葬祭、大事な商談などの重要な期間に重ならないよう、生理日を調整できるのです。個人差はありますが、生理周期が安定している人ほど、ピルを使って生理を調整しやすいです。数ヶ月前から予定が決まっていれば、しっかりとスケジュールを組んで調整できます。

ただし、体質によっては心身に負担がかかってしまう場合もあります。また、生理周期が不安定な人は、調整が難しくなります。生理周期が把握しきれていなかったり、ピルを使い始めるタイミングに自信がなければ、産婦人科で相談するとよいでしょう。

ピルで生理日を調整するには飲み方を変える

ピルを使えば、生理日を変更できます。ここでは、用量が段階的に上がっていく「段階型ピル」を使った場合の生理日の調整法について説明します。

日常的にピルを使用している方が生理日を早めたい場合は、最初の黄色い錠剤を減らします。生理日を早める日数分だけ減らしましょう。その後、休薬期間に入ると、1日から3日で生理が始まり、消退出血するようになります。休薬期間が終了したら新しいシートを使い始めしょう。

生理を遅らせる場合は、21日目の錠剤を飲み終わったあと、休薬期間をとらず、新しいシートを使い始めます。新しいシートの最初の錠剤を、遅らせたい日数分飲みます。その後も続けて生理日を遅らせたい場合は、次のシートを用意し、再び最初の錠剤を使いましょう。このあと、ピルの服用を止めると、1日から3日で消退出血が起こります。

一度消退出血を遅らせるプロセスに入れば、服用を続けることでさらに生理日を遅らせられます。ただし、次のシートを使い始めるころには、いずれかのタイミングで破綻出血や消退出血が発生します。

ピルを日常的に使っていない人の場合は、飲み方が異なります。

生理日を早めるには、生理が始まって5日から7日の間にピルを飲み始めます。服用は、早めたい日まで継続しましょう。服用を止めると、1日から3日で少量の生理が来ます。

生理日を遅らせる場合、生理予定日の5日前から7日前にピルを飲み始めます。遅らせたい日数の分だけ飲みましょう。服用を止めると1日から3日で生理が始まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする